仕事の流れ

一貫した生産システムに、ユニ技研の総合力が凝縮。

ユニ技研の事業方針は、「CS(顧客満足)をカタチにする仕事」。単に製品を売るのでなく、モノづくりの現場に必要な自動化機器のライン設計など、機械と技術を組み合わせ、最適なソリューションを実現することです。

その内容は多岐にわたり、部品供給装置、搬送装置、自動組付機、検査装置、測定機器など、様々な「省力化・自動化システム」を設計開発しています。また、設計から加工、製造まで、一貫して携わることで、顧客のニーズに合わせた最適なシステムをご提案しています。

仕事の流れ

お客様

 

まずはお気軽にお問合せ下さい。

お問合せフォームはこちら

企画

プロフェッショナルによる適確なプラン提案

プロフェッショナルによる適確なプラン提案

機械の力を利用したモノづくりは、実に多くの工程と人の関わりが内在しています。そのすべてを理解したエンジニアが企画段階からプロジェクトに参画することにより、顧客のニーズを正確に捉え、適確なご提案を実現しています。また、軌道修正や詳細についてのアドバイスも早い段階からサポートでき、効率の良いスピーディーな対応をお約束します。

設計

経験と実績に支えられた確かな設計力

経験と実績に支えられた確かな設計力

ユニ技研は1972年、設計会社としてスタートしました。その後、幅広い分野において数多くの設計・開発を手掛けてきました。私たちはこの経験と実績に支えられた確かな設計力で、より良い製品開発を支援し、顧客との相互信頼を確立しています。ユニ技研の企業アイデンティティである「フレキシビリティ」を最も発揮するセクションといえます。

加工

低コストながらも、高精度・高品質を維持

低コストながらも、高精度・高品質を維持

優れた製品を生み出すためには、高精度の部品加工が必須条件です。高品質と低コスト、その両立を実現するために、当社では海外工場との提携を早い段階から推進してきました。完成機と常に向き合いながらの厳しい品質管理により、理想的な部品加工システムを構築しています。

組立

設計と製造の両輪が高次元で一体化

設計と製造の両輪が高次元で一体化

ユニ技研は、製造のフィールドにおいても高い独自性を追求。創業以来の企業テーマでもある「人と技術の融合」を基本に、設計部門との二人三脚で力強いチームワークを発揮しています。全体を見通しながら加工・組立が行われ、ハイクオリティな製品が生み出されています。

設置

すべては、ユーザーの高い満足のために

すべては、ユーザーの高い満足のために

突然の仕様変更や納入後の改造にも素早く対応します。設計段階からすべてを把握しているからこそできるユニ技研ならではの技。こうした「フレキシビリティ」は、顧客から高い評価と満足をいただき、多くのリピート受注に結実しています。

部品供給装置、搬送装置、検査装置、計測装置など各種機械設計・製作・仕事の流れについてはお気軽にお問合せ下さい。

お問合せフォームはこちら